介護施設選び|介護保険請求ソフトで仕事がスマートになる
男性と女性

介護保険請求ソフトで仕事がスマートになる

介護施設選び

車いす

サービス内容をチェック

現代は超高齢化社会といわれ、介護サービスも多岐にわたります。介護付き有料老人ホームは、高齢者が食事や清掃、介護などさまざまな生活の支援を受けられる介護施設です。民間事業者が運営している施設が多く、サービス内容も施設によって異なります。介護付き有料老人ホームには、要介護者を受け入れることができる介護専用型、介護の必要のない人、要支援、要介護者、どのような人でも受け入れられる混合型があります。ほとんどの介護付き有料老人ホームでは、ケアを行うスタッフが常駐していますが、外部から介護サービスを利用するシステムの施設もあります。自分に合った施設を選ぶには、施設での受け入れ態勢やサービス内容をよくチェックしておくことが大切です。

入所するには

介護付き有料老人ホームに入居する際には、施設での手続きが必要です。一般的に、入居申込書の提出、訪問や来訪による面談が行われます。その際に、住民票や健康診断書、所得証明書などの必要書類が必要です。面談後、施設スタッフが介護の必要性や介護者の状況、収入額などを総合的に判断して、入居できるかどうかを決定します。現在は、介護付き有料老人ホームの需要も増え、施設も急速に増えているため、入居するのに長期間待たなければいけないという状況はほとんどないといわれています。ただ、入居可能な施設において、自分の考えているサービス内容や利便性、設備などの条件が一致するとは限りません。入居を考えているなら、早めに施設の条件をチェックしておくのがおすすめです。